セフレの募集

セフレ募集|出逢い系サイトで初めて出来た彼女

セフレ募集|出逢い系サイトで初めて出来た彼女

 

僕は高校2年生に初めてスマートフォンを持った。
それまではガラケーを持っていた。
そんな僕は今まで彼女が出来たこともなく、女友達さえもいない寂しい学校生活を送っていた。毎日夜になると布団に入り頭の中で彼女を作りエッチをする妄想をしながら自慰をしていた。
そんな僕はふとした時に出合い系サイトならビッチな女の人と会えるんじゃないか、セフレが出来るんじゃないかと思った。
そしてインターネットで様々な出合い系サイトを調べては登録してみた
そしてついに女の人とメールアドレスを交換する事が出来た。
何度か連絡をとっているうちに仲良くなり、会ってみることになった。
その時は初めて女の人とデートが出来ると思い夜も眠れなかった。
そしてついにその日が来た。
髪もセットし、服も一生懸命考えた。ドキドキしながら待ち合わせ場所に行くと、そこにはミニスカートに胸元の緩い服を来た彼女が待っていた。
こんにちわと言うと笑顔でこんにちわと返してくれた。
でも僕にはそんな事より彼女の服装に見とれてしまっていた。
エロかったからだ。
僕は「今日は必ずエッチしてやるぞ」と心に誓った。

 

まずはお昼ご飯に行くことにした。
場所はファミレス、学生の僕達にはファミレスぐらいしか行けなかった
僕はハンバーグ、彼女はグラタンを頼んだ。
ハンバーグはおいしかったが僕は次はどこに行こう、どこでエッチしようしか頭になかった。
結局カラオケに行く事にした。
カラオケに着くと彼女は対面に座った。
僕はすごく嬉しかった。なぜなら、パンツや胸が見えるんじゃないかと思ったからだ。それだけで僕は興奮した。
僕が歌を入れて、彼女に歌を入れるようにいった。
そして僕は歌い始めた。少しして彼女を見ると、なんと足をソファーの上に上げていた。そしてパンツが見えていたのだ。パンツの色は忘れれない、黒のドットが入ったピンクのパンツだった。
僕は歌どころじゃなくなってチラチラ見ていた。すると、そのことが彼女にバレてしまった。すると彼女は「〇〇は彼女募集してる?」と言ってきた。僕は「うん、募集中だよ」と答えた。すると彼女は「私の事にどお思う?セフレか彼女どっちがいい?」と聞いてきたので僕は「彼女がいいなとゆうと彼女は照れた。
僕は我慢出来なくなり彼女にキスをした。
彼女も激しくキスをしてきた。
その後エッチをしよう思ったが、今日はやめてといわれ、ならフェラしてと言うと「いいよ」と言われたのでフェラで抜いてもらった。
その後告白し今は付き合っていて会ったら必ずエッチをする中になっている。

 

エッチな女の子【完全無料】

 

 

セフレ募集|熟女セフレを好きになった話

 

まだわたしが20代半ばごろ、わたしはその年齢の頃から熟女が好きで、よくサイトで熟女セフレを募集していた。
30代後半の女性からメッセージがあり、わたしは顔を映した写メを送信した。彼女もセフレを募集しており、どうやら気に入ってもらったらしく、会うことになった。夕方に待ち合わせて、まずは近くの居酒屋で食事をすることになった。彼女は39歳でバツイチのぽっちゃり体系でわたし好みであった。最初はご飯を食べながら、なんでもない世間話をしていた。元カレがどうしたとか、元カノがどうしたとかの話をして、それはそれで楽しかった。
そうやって一時間ほど過ごしたところで、これからどうする?と尋ねた。とりあえず、ホテルにいくことになった。
彼女は稼ぎが多いらしく、食事代は払ってもらった。結局ホテル代も彼女が支払った。
部屋につくと急にお互い興奮しはじめている。とりあえず、二人でタバコを吸い落ち着いた。
服を脱ぐと彼女の体は見事だった。色白で尻がデカくて太ももがたくましい。胸はそれほど大きくもないが垂れておらず丁度よい。わたしは自分のムスコの先が濡れているのに気付いた。
あまりの興奮に先走りの汁で先端が濡れていた。突然彼女がわたしの足元にしゃがみ込み、フェラチオをはじめた。まだシャワーも浴びていなかった。
だんだんと激しくなり、イク手前までしゃぶられた。とりあえずシャワーを一緒に浴びた。シャワーを浴びながら、彼女のあそこを触ると、ヌメっとしていた。おそらくわたしのをしゃぶりながら、彼女も興奮したのか、沢山濡れていた。
そのあとベットに行き、再びフェラチオをさせたあと、彼女の股を開いてクンニをした。彼女のあそこはビラビラが黒ずんでいて、よく使いこんだような様子だった。
そのあとは正常位で挿入し、腰を振りまくった。彼女は滅茶苦茶にデカい声を出す。たまにウーウーと低い声も出す。途中で抜いてはあそこを舐めてあげたり、またハメて腰を振り、また抜いてフェラをさせてはまたハメるなど、何度か繰り返した挙句に、正常位で舌をからめながら果てた。
その夜は朝まで何回もやった。朝が来た頃には、彼女を好きになっていた。

 

男も女も考えるコトはひとつ!【完全無料】

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ